【大分市中心部】1杯100円で大分の地酒と焼酎が試飲できる……ってホント!?

大分県内で造られた焼酎220種類、日本酒100種類以上がずらっと並び、1杯100円から試飲できるという、酒好きには夢のような場所が大分市中心部にある。

名前は「おおいた銘酒館 ゆたよい」。JR大分駅からだと、駅北側に伸びるアーケード、大分市中央町商店街を歩いて5分も歩けばたどり着く。オープンしているのは、土日・祝日の午後1時から5時の間。開店中は、観光客から地元住民まで、多くの人が訪れている。

たくさんの焼酎・日本酒が100円で試飲できるだけでも驚きだが、全ての銘柄に詳しいスタッフのほか、毎週土曜には蔵元の関係者が店頭に立っているので、おすすめの銘柄について直接話を聞くことができる。

とくかく、蔵元以外ではここでしか飲めない酒がたくさん!焼酎王国大分の底力と、知られざる大分の日本酒の魅力を堪能したい人は、絶対に足を運んで後悔しない。どんな酒が楽しめるのかは、別の記事で具体的に紹介したい。

ちなみに、試飲してこの酒を購入したいと思った人には、販売先も紹介してくれる。

「ゆたよい」を運営するのはNPO法人「大分県地酒・焼酎文化創造会議」。地元の焼酎や日本酒を観光資源として活かそうと、大分県酒造組合や商店街関係者、それに大分県議会の議員らが中心となって設立した。

驚きのシステムもある。なんと年会費1口1万2000円を払えば、常に無料で試飲できるのだ!1か月あたり1000円で飲み放題!2018年7月1日現在、個人130人のほか、100法人が会員になっているそうだ。

1杯は30mlと少ないと感じるかもしれないが、買えば高いものも含めて多くの銘柄が飲めるのは間違いなくお得!11杯分で1000円の回数券も販売されている。大分市に移住すれば、酒代を気にすることはなくなるかも?

さて、大分県では、2018年10月6日から11月25日まで、おおいた大茶会(国民文化祭おおいた・2018/全国障害者芸術・文化祭おおいた大会)が開催され、県内各地で様々な文化イベントが繰り広げられる。

「ゆたよい」では、おおいた大茶会期間中、毎週金・土・日曜日に「おおいた蔵の語り部講座」を開催。金曜日は18時半から、土曜日は16時半から、日曜日は15時からで、それぞれ1時間半の予定。詳しくは、「ゆたよい」のホームページまで。

「ゆたよい」からは飲み屋街もすぐ近く。自分好みの焼酎や日本酒を知り、そのあとは店に移って地元の食材を肴に楽しもう!

【アクセス】

JR大分駅北口を出て、広場を左側に進み、横断歩道を渡って「セントポルタ商店街」へ。
アーケードの中央付近の右側にある。

大分県大分市中央町1ー2ー10

関連キーワード:

大分の天気

  • 今日

    晴れ

    晴れ

    19℃ / --℃

  • 明日

    晴のち曇

    晴のち曇

    18℃ / 8℃

  • 明後日

    雨のち曇

    雨のち曇

    --℃ / --℃

お知らせ

自由な旅にでよう おおいた 愛
新規オープンしました!!
みな様に愛されるホームページになるようスタッフ一同、頑張ってまいります!!どうぞ、よろしくお願いします!!

  ワールドチケットガイド  







このページの先頭へ









このページの先頭へ